プレハブ工法で建ててみよう!

プレハブ工法とは何か?

注文住宅を建てる場合には、様々な工法の中からどれを採用するかを決める必要があります。伝統的な日本家屋は木造軸組工法で建てられたものが多いのですが、それに変わって主流となりつつあるのがプレハブ工法です。このプレハブ工法というのは、現場で大工や職人が建材を使って一から建物を作るのではなく、あらかじめ壁板や屋根などを工場で製造した上で、それらを現場で組み立てることで建物を完成させるという建築方法です。使われる材料は、軽量鉄骨であるケースが多いのですが、それ以外にも木造であったり、コンクリートであったりと様々です。いずれも工場である程度パーツを完成させてから現場に運ぶという点は共通ですが、そのプロセスは用いる材料によって少しずつ異なります。

プレハブ工法のメリット

プレハブ工法を用いて家を建てる最大のメリットは、建築コストを大幅に抑えることによって、他の工法よりも安価で住宅を建築することができるという点です。そのため、なるべく低予算で家を建てたいという方は、プレハブ工法で建てるようにするとよいでしょう。また、基本的にほとんどのパーツを向上で製造することになるため、クオリティが均一に保てるというのもプレハブ工法のメリットです。木造軸組工法などでは職人のスキルに家の出来栄えが左右される可能性があるわけですがプレハブ工法の場合はそういったリスクを低減できるのです。さらに現場でパーツを組み立てていくだけですので、他の工法で建てるのと比べて工期を短縮できるという利点もあります。